BABA`s Diary

東京に住む馬場の日記です。

​アナログとデジタルオーディオ

2017年08月09日 03時34分

アナログとデジタルの音に関して


これはオンラインで、そして音楽やオーディオ愛好家の間で広く議論されている話題です。

これらの信号パスの違いとサウンドの違いは何でしょう?


CDプレーヤー、iPod、コンピューターはデジタルオーディオデバイスであり、レコードプレーヤーはアナログオーディオデバイスです。

デジタルオーディオがこれらのデバイスの内部でどのように動作するのかを理解して、デジタルオーディオ機器を適切に選択できるようにすることが重要です。

アナログ信号は、定義上、音、光、熱、位置、または圧力の変化に応答して振幅または周波数が変化する名目上連続的な電気信号です。

アナログは電気的でも機械的でも構いませんが、ここでのキーワードは「連続」です。アナログ信号経路とは、デジタル信号経路とは対照的に連続信号を意味し、すべてを数字に分解します。

これは、アナログとデジタルのサウンドの主な違いです。1980年代半ばまで、ほぼすべてのオーディオ録音デバイスはアナログでした。すなわち、連続波形を捕捉するための機械的または電気的な記録方法を使用していました。

その後、デジタル録音は手ごろな価格になり始め、最終的には音楽制作の費用対効果の最も高い方法となりました。そのため、今日多くのデジタル機器でデジタル機器を使用してサウンドを作成していますね。